maychanham32’s blog

ダイエット・美容・健康・コスメの情報を詳しく紹介しています。良かったら参考にしてください。

オリゴ糖!「全国売上第1位」「便秘解消総合ランキング第1位」「モンドセレクション7年連続最高金賞受賞」

 オリゴ糖

 

腸内から体を支えるのに不可欠なのが善玉菌です。

 

この善玉菌となる「乳酸菌」と「ビフィズス菌」が活躍するためにはこの善玉菌をサポートする栄養素、「オリゴ糖」がたくさん必要です。

 

 

今回は「カイテキオリゴ」という全国売上第1位のオリゴ糖を今回は紹介したいと思います。

 

 

「カイテキオリゴ」

 

「カイテキオリゴ」は、「北の快適工房」が発明、実証した画期的な製法EOS(イオス)理論製法により完成した【完全オリジナル商品】です。

 

ドラッグストアやスーパーでは、お買い求めいただけません。

 

 

 

EOS(イオス)理論とは?

 

Enterobacteria OligoSaccharide Synergyのことで、

 簡単に言うと「複数のオリゴ糖を組み合わせることで実感度をパワーアップさせ、単一成分のオリゴ糖以上に実感を生み出せる仕組み」で、このEOS理論は独自の研究によって発明された理論です。

 

オリゴ糖は、善玉菌のえさとなり、腸内環境をサポートしますが、

 腸内にいる善玉菌のうち30以上のビフィズス菌にはそれぞれ「オリゴ糖の好き嫌い」があります。

 

 「カイテキオリゴ」は、独自のEOS理論に基づき、30以上のビフィズス菌ほぼ全てをまんべんなく活性化させることに成功したオリゴ糖食品です。

 

 

 

 

含まれるオリゴ糖

 

 

ラフィノース

ラフィノースは、主にビート(砂糖大根)から抽出されるオリゴ糖です。

キャベツやブロッコリー、アスパラガスなどにも含まれています。

 

粉ミルクに配合されたり、抗アレルギー作用が認められているオリゴ糖なので、

希少性が高く、近年人気となっているオリゴ糖です。

 

ミルクオリゴ糖

乳糖から作られるオリゴ糖です。

乳幼児の調製粉乳や成人・高齢者向けの健康食品などに

使われることが多いです。

 

アンモニア血症の治療薬、肝機能改善の医薬品としても

活用されている人気の高いオリゴ鵜です。

 

乳糖

乳糖はラクトースとも呼ばれていて、

牛乳や母乳にたくさん含まれているオリゴ糖です。

 

大腸内の善玉菌の栄養源となるので

善玉菌の増殖を助けます。

カルシウムやマグネシウムの吸収を助ける働きもします。

 

環状オリゴ糖シクロデキストリン

環状オリゴ糖シクロデキストリン)とは、数個のブドウ糖グルコース)が結合して環状構造を取ったものです。

 

ラクオリゴ糖

ラクオリゴ糖は、ヤーコン、アスパラガス、玉ねぎ、ごぼう、バナナなど、

さまざまな野菜や果物などに含まれているオリゴ糖です。

甘味度は砂糖の30~60%程度です。

 

 

イソマルトオリゴ糖

イソマルトオリゴ糖は、清酒、みりん、味噌、醤油などの

発酵食品に天然成分として含まれているオリゴ糖です。

 

トウモロコシのでんぷんに酵素を作用させて作っているものもあり、

甘味度は砂糖の30~50%程度です。

 

イソマルトオリゴ糖は、熱や酸に強いので、

調理に加えるとうま味が増します。

 

輝かしい経歴

 

★「全国売上第1位」

 

★「便秘解消総合ランキング第1位」

 

★「モンドセレクション7年連続最高金賞受賞」(2012~2018)ダイエット食品・健康食品部門

 

★「米国財団法人 野口医学研究所品質推奨品認定済」

 

これだけ見ても買った人の評価が高いことがうかがえます。

 

 

 「カイテキオリゴ」は、米国財団法人 野口医学研究所 品質推奨品の認定を受けています。

 

野口医学研究所は、日本が生んだ世界的医学者・野口英世博士の業績を記念し、日米医学交流の促進を目的に、フィラデルフィアに設立された財団法人です。

 

北の快適工房の長年にわたる研究の元で生まれた「カイテキオリゴ」は、倫理審査委員会(医療関係者、有名大学名誉教授などで構成された委員会)が定める厳格な基準を超えて、消費者の健康保持。増進に貢献する品質推奨品として認定されています。

 

 

 

 

 

詳細をご覧になりたい方は

 

 

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

(公式ページ)

 

 

ヒトの腸には400〜500種類以上、約100兆個にもおよぶ多種多様な腸内細菌がいますが、種類ごとにまとまって生息しています。その様子が、まるでお花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。その腸内環境をバランスよく保てるかどうか、私たちが健康的に生きていくためのカギがそこにあります。

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。